2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー「SONY NEX-7」の13件の投稿

2012年3月20日 (火)

犬っこ祭りで出会った犬たち 4

ちょっと年を召したポメラニアン君。

でも自分の足でしっかり歩いていました。

Dsc00523_4

2012年3月17日 (土)

犬っこ祭りで出会った犬たち 3

寒い中でも元気なチワワ君。

もの凄く人懐っこい犬でした。

Dsc00533

2012年3月16日 (金)

犬っこ祭りで出会った犬たち 2

凛々しい柴犬君でした。

コートも似合っていますね。

Dsc00516

2012年3月14日 (水)

犬っこ祭りで出会った犬たち 1

そういえば、アップしてなかったなと思いかえして。

犬友達の犬も来ていました。

翌日は愛犬祈祷のイベントもあったから、もっと犬出は多かったろうなぁ。

Dsc00461

2012年2月19日 (日)

Nikon 1 V1とNEX-7(V1レビュー その7・総括)

NEX-7を使って見えてきたNikon 1 V1の悪いところいいところ。

Dsc_2533

と、大層な題を付けてみましたが、別に大したことは書かないんで。

前に書いたことと被る部分も多々ありますが、ゆる~く使いながらNikon 1 V1に感じたことなどを現時点の総括的に。

(以下、カメラの話)

続きを読む "Nikon 1 V1とNEX-7(V1レビュー その7・総括)" »

2012年2月15日 (水)

ミルクスのストラップ考

Nikon 1 V1もNEX-7も長くつき合うことにしたので、ちょっと奢ったストラップを購入してみました。

Dsc_2433

私も基本的にストラップは付属のモノは使わない主義。

だって付属ストラップなんて、固くてゴワゴワしてて、申し訳程度に滑り止めが縫い止められていて、メーカー名と機種名がでかでかと印刷されているようなものでしょ?

(ニコン一桁機のストラップは柔らかく全面滑り止めが縫い合わされた高級感があるモノですけれどメーカー名と機種名が派手に印刷されているのがちょっと)

(以下、カメラの話)

続きを読む "ミルクスのストラップ考" »

2012年2月13日 (月)

NEX-7で使うB011(SONY NEX-7 レビュー その6)

はてさて果たしてNEX-7とB011は私の要求に対して妥協点(あるいは最適解)となることができるのか?

Dsc_2352_01

(以下、カメラの話)

続きを読む "NEX-7で使うB011(SONY NEX-7 レビュー その6)" »

2012年2月10日 (金)

NEX-7で使う高倍率ズーム考(SONY NEX-7 レビュー その5)

気になったなら使わずにいるのはもったいないと、18-200mmを手に入れてみました。

Dsc_2383


ちなみに純正の「E 18-200mmF3.5-6.3OSS(SEL18200)」じゃなくタムロンの方、「TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)」、以下レンズ名が長いのでB011。

(以下、カメラの話)

続きを読む "NEX-7で使う高倍率ズーム考(SONY NEX-7 レビュー その5)" »

2012年2月 8日 (水)

NEX-7について気になる2,3の事柄(SONY NEX-7 レビュー その4)

NEX-7を使って気になったこと。

Dsc_2312


基本、いいです。(^^;

不満な部分は無いわけでもないですが、NEX-3からの乗り換えではNEX-3であったネガな部分が殆ど改善され、非常に満足感が大きいことを最初に宣言しておきます。
また、経験している他のミラーレス、Nikon1 V1、LUMIX GF2、と比べても、操作性の良さは抜きん出ていると思います。

それでも、あえてここがこうならなぁと思わないでいられない所を書いてみますと。

(以下、カメラの話)

続きを読む "NEX-7について気になる2,3の事柄(SONY NEX-7 レビュー その4)" »

2012年2月 4日 (土)

「NEX-7 スーパーブック」…orz

ムックとの出会いは一期一会。

買い時を逃すとあっという間に絶版になり、後々欲しくなったときに入手に苦労するのがデジタルカメラ機種別のムック(MOOK)です。

そんなわけで本屋に1冊だけあった標題の「SONY α NEX-7 スーパーブック」を買っては見ましたが。

Dsc_2326

数あるムックの中でも、こりゃちょっと…。

・機能紹介に終始している。

・操作や設定について提案がない。

・作例が少なく見ていてつまらない。

正直カタログの方が見ていて楽しいです。

購入を検討している方は、一度手にとって中身を確認することをお勧めします。