2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« Nikon 1 V1買っちゃった。(V1レビュー その1) | トップページ | Nikon 1 V1のここががっかり(V1レビュー その3) »

2012年1月16日 (月)

Nikon 1 V1を選ぶまで(V1レビュー その2)

コンパクトなEVF(電子ビューファインダー)付きのレンズ交換式デジタルカメラは一つ持っておきたいシステムだったんです。

Dsc_2104

(以下カメラの話)

というのはNEXやGF2など背面液晶しかないカメラを使っている時、順光下では背面液晶モニターはきわめて見にくくなるんです。もう一つはブレに対する耐性、腕だけでの2点支持はどうしても支点が定まりません。そんな問題を解決してくれるEVFは魅力的だな、と。

そして、ニコンV1を購入するに当たって、比較したのはパナソニックG3です。
ニコンV1が薄型レンズキットで5万後半、パナソニックG3がダブルレンズキットで5万前半、お買い得度から言えばパナソニックに軍配が上がりますし、レンズの豊富さも先行してる上に2社(パナソニック・オリンパス)でレンズラインナップを揃えているマイクロフォーサーズ側に魅力があります。

なによりすでにGF2ダブルレンズキットを所有しているため、レンズ資産もあり、G3を買っても14mmは有効に使うことが出来ます。

圧倒的にマイクロフォーサーズ有利!
ただ、それでもニコンV1にしてしまいました。
ニコン贔屓だからと言う訳じゃないですよ。思い入れはないわけではないですが、一時期ニコン資産を総て売り払ってソニーαAマウントに総入れ替えしたり、ミラーレス機はαNEXとマイクロフォーサーズGF2を使っていたりしますから。

実はコンパクトデジカメやマイクロフォーサーズ機の4:3のアスペクト比って、あんまり好みじゃないんですね。

何より135判フイルムに慣れているので、3:2で構図を考える事に慣れているのと、プリント重視なので4:3の上下切れより3:2の左右切れの方が収まりよくプリントしやすいというのがあります。またハガキサイズは3:2ですしね。
もちろん、マイクロフォーザーズ機も3:2で撮ることは出来るのですが、そうするとレンズ本来の画角よりも若干狭くなってしまいます。気分的な問題なのでしょうが、撮像素子も画角も損した気分になってしまい、この点もマイナスです。

また選択肢の多いレンズは魅力的ですが、マイクロフォーサーズのレンズでも望遠域は大きいこと、動体に対するピント合わせが不確実なことに自分で使うイメージを繋げられなかった。この点(現時点ではまったく不十分な)ニコンのシステムの方に未来を期待したい気持ちがあったかも知れません。

もうひとつはG3の本体的な仕様。G3の容積自体は十分小さいと思うのですが、従来の一眼レフ上にあるデザインで厚みがあり通勤鞄やタンクバッグに放り込むには収まりが悪いこと、そしてEVFが覗いた時に自動で切り替わらないことなどがマイナスとなり選定から外れてしまいました。

そんなわけで、購入したニコンV1、手に入れて蜜月の時間が始まるかと言えばそんなわけにはいきません。

このV1、懸念していたことはそのままに、そして手に入れて初めて分かる問題等も出てき たのでした。

つづく。

« Nikon 1 V1買っちゃった。(V1レビュー その1) | トップページ | Nikon 1 V1のここががっかり(V1レビュー その3) »

Nikon 1 V1」カテゴリの記事

ミルクス(=MILCS、Mirrorless Interchangeable Lens Camera System)」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560587/53752548

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon 1 V1を選ぶまで(V1レビュー その2):

« Nikon 1 V1買っちゃった。(V1レビュー その1) | トップページ | Nikon 1 V1のここががっかり(V1レビュー その3) »